忍者ブログ

京産大ヨット部 ブログ

よっとぶろぐ

12/17

Tue

2019

新体制になって vol.9 大和

四回生が引退され新体制になり、考えたことは2つあります。

まず、主務という部活にとって重要な役職をいただいたことについて嬉しい反面、自分なんかにできるのかという不安を感じました。

正直、主務になるなんて思いもしませんでした。まず、仕事量多さに驚きました。今のオフシーズンで大変だと感じるので、シーズン中はより大変なんだろうなと思います。今まで主務をしてきた先輩方には頭が下がります。この仕事を任せられたということは信頼してくださっているということだと思います。その期待を裏切らないよう、自分自身の勉強もしっかりやりつつ、抜けがないよう仕事をやり遂げたいと思います。

次に、レギュラーに選ばれなかったことについてです。

上回生が多かったスナイプチームで半ば諦めていた気持ちがありました。大学で出されている課題が多いなか、乗ることも出来ずに、時間割いて何やっているんだろうと思う時もありました。今考えると先輩方に凄く失礼なことをしていました。本当にごめんなさい。それでも続けたのは、この部活のみんなで勝ちたいと思っていたからなのかなと今では思います。

これからの一年で私は留学に行きます。今いる部員のみなさんには多大な迷惑をかけてしまいます。しかし、帰国してからお荷物にならないよう、ヨットの勉強にも取り組みたいと思います。
二回生 大和
PR

12/16

Mon

2019

新体制になって vol.8 湊さつき

私は、新体制になって理想の先輩像とは何かを考えました。
11月の西宮インカレでは引退された4回生の先輩方の勇姿を目の当たりにし、私も先輩方のような慕われる上回生になりたいと思いました。ヨット部に入部して半年が過ぎ、もう直後輩を持つ立場となります。今のままでは後輩にヨットについて教えるにはとても知識や経験が豊富とは言えません。日々の練習を通してこれらの向上に努めていきたいと思います。
同時にインカレ会場の雰囲気を味わい、私もインカレにレースメンバーとして出場したいという気持ちが芽生えました。これまで私はヨット初心者だから、まだ1回生だからなどと何かと言い訳を見つけ逃げていた部分もありました。しかしそれでは何の成長も出来ません。インカレ出場には今の練習量、ヨット競技に対する姿勢では、不可能だと思います。今まで以上に熱を入れて練習に取り組みたいと思います。
チームの合言葉である「すべては勝つために」という言葉にあるように、1日1日が勝利に繋がっているのだと頭の片隅に置きながら妥協することなく実直に精進していきます。

1回生湊

12/15

Sun

2019

新体制になって vol.7 桑田鮎奈

新体制になって、私は自分には何が足りていないのか、今何をすべきなのかを考えました。

私は圧倒的に知識も経験も足りていないと思います。
代交代後、初めてのレースであるプレプレでは自分の未熟さを痛感させられるレースとなりました。しっかりと自分の意思で船を動かすことができておらず、ヨットに乗っかっているような状態で、ヨットを乗りこなすことができていなかったと思います。これは経験不足が大きく影響していると思います。

さらに、私たちはヨットについてもっと勉強する必要があると思います。特にセレクションを除く一回生は私も含め、ヨットに関する知識が足りていないと感じることがあると思います。今まで習ったことを復習したり、自分の動画と先輩の動画を見比べるなど勉強の仕方は様々ですが、自らがヨットに関心を持ち、勉強することが大切だと考えます。

これらを解消するためにも、オフ期間中の練習を積極的に行い、自分たちの勉強できる機会を増やしていきたいです。

また来年からは後輩ができ、教える立場となりますが、それまでにしっかりと知識や技術を身につけ、後輩にきちんと教えられるように努力していきたいと思います。

一回生 桑田

12/14

Sat

2019

新体制になって vol.6 武田美波

新体制になって私は、"自分のしたいこと"について考えました。

代交代前は与えられた仕事をこなすことに必死でしたが、今は自分はマネージャーとしてチームにどう貢献できるのか、を考えるようになりました。もっと選手の役に立ちたい、もっとヨットのことを知りたいと日々感じます。

そう感じるようになったのも、新体制になって部の方針が大きく変わったからだと思います。

例えば、新体制のスナイプチームのミーティングが議論型になったことで、マネージャーの私も意見を出せるようにと自分で考える機会が増えました。選手と同じくらいの知識で、同じ目線で話がしたいと、今まで以上にヨットの勉強をするようにもなりました。選手が練習に集中できるように努めるのはもちろんですが、練習の密度を高めるサポートをすることが、今の目標の1つです。

"選手のために"という考えはずっと変わらないでいますが、自分の目指すマネージャー像に近づくにはどうするかを考えることで、自分自身もより充実した練習時間を過ごせるようになりました。

所詮マネージャーという立場の私ですが、チームを勝利に導けるよう、これからも精一杯支えていきます。

一回生マネージャー 武田

12/13

Fri

2019

新体制になってvol.5 山田明美

新体制になって、私はまだまだ自分が力不足であるということを最も感じています。

4回生のマネージャー2人が引退して、現在1回生マネージャー2人でやっています。私は、まだまだ4回生の先輩方の様に咄嗟の判断が出来ないことも多く、自分のやることで精一杯になっています。
しかし、インカレ本戦を目標にするチームのマネージャーがこのように頼りなくては選手一同の力を十分に発揮させることができないと思います。
その為、まず私の救助艇の運転技術を向上させ、その上で様々なケースをいつも頭の中で考え咄嗟の判断が出来る力を身につけていきたいです。
また、選手の力を最大限に引き出すための栄養価の高いご飯作りやオフ練にも積極的に参加し出来る限りのサポートをして行きたいと思います。

来年は、2回生に上がり1回生が入ってきて指導される立場から指導する立場になるので、より一層責任感を持って、後輩から頼りにされる先輩になろうと思います。

1回生マネージャー 山田

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

★部員募集中!★

京産大ヨット部では随時部員を募集しています!!男女プレーヤー&マネージャー、1回生はもちろんのこと2回生でも大歓迎!!気軽に連絡ください!待ってま~す(*^^)v

最新コメント

[12/30 H8卒 松原崇博]
[12/30 H8卒 松原崇博]
[12/30 H8卒 松原崇博]
[12/30 H8卒 松原崇博]
[12/29 H8卒 松原崇博]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ksuyacht
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

カウンター

Copyright © 京産大ヨット部 ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]